読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と川と海と人の和

初めて日本を訪れたイギリスのC.W・ニコル氏は日本の山(自然)の美しさに魅了された。
数年後再び日本を訪れたニコル氏は自分の目を疑った。あの美しかった山々が荒土と化していたのだ。ニコル氏は決意した。それが長野県黒姫山の『アファンの森』だ。森に入ると小川が縦横に流れ、小鳥のさえずりが聞こえ、初夏にはホタルが幻想の世界を演出する。

外国人が日本の自然の美しさに感動し、『袖ふれあうも多少の縁』に培われた日本の“和”の文化を学ぼうとしているのに、政治屋を初めとした多くの日本人が“経済発展”の裏に潜む“自然破壊”に気付かないでいる。
40年ほど前になろうか「日本人とユダヤ人」という本に「日本は水と自由がただで手に入る」と書かれていた。

このまま経済発展の裏に隠された自然破壊を行えば美しい“水”は無くなり、アメリカの要請により自衛隊が軍隊に化した時“自由”も無くなるであろう。

東日本大震災の直後、当時の石原都知事は“天罰”と言って批判を浴びた。そして今、これでもかと繰り返す熊本地震。神が愚かな人類に“気付き”を与えるために天罰を下しているのだ。
誤解しては困る。被災者にではない。国の政治を司る政治家にだ!
三本の矢の一つが東日本に、そして二つ目が西日本に天誅を下した。残された最後の太い矢が日本のど真ん中に楔を打ち込み“日本沈没”と成る前に天の声、地の叫びに気付け!

大量の消費を生み出す経済発展という隠れ蓑をかぶった破壊から日本文化を守る為に、独裁者安倍による平成の維新に鉄槌を下す。


  天の邪鬼 鉄槌

あっち向いて ほいの三本の矢


「希望と夢と安心」を旗印にした、3本の矢は「希望も夢も安心も奪う三本の矢」と解釈すべきであろう。

 希望を生み出す強い経済なんて調子いいこと言っちゃって、「破滅を生み出す消費経済」の間違いじゃないの?
経済成長を推進する為に自然を破壊し、末代までも汚点を残す原発を稼働し、草木も眠る丑三つ時まで煌々と明かりを照らし働かせる。国民はストレスで病にかかり、希望も夢も失い安心して暮らせない社会に失望する。

 「夢を紡ぐ子育て支援」なんて嘘言うな!
「女性活躍社会」なんて美辞麗句に乗せられて懸命に仕事に打ち込んでいたら気付いた時には婚期を逃し子供が出来ない身体に成ってしまったではないか。不妊治療を支援するよりも安倍の口車に乗せられて企業の奴隷として働かされていた時の若さを返してほしい!
でも、もし子供が授かったら自分で育てるよ。だから保育園なんていらない。それが母親じゃないの。自らのおっぱいで育てるのが“母”の任務だと思う。母親が私を育ててくれた様に…

だから、「幼児教育の無償化」よりも私(母親)が安心して子育てが出来、私がそして子供に“夢”を与える社会制度をつくるべきだ。
 「安心につながる社会保障」なんてよくいうよ。
 「介護離職ゼロに」なんて夢物語だね。「現場を知らない人の言うことさ」と言うのが現場の声。
介護士を行っていて老人に接しているとふと疑問に思うことがある“ゆりかごから墓場まで”他人に面倒を見させるのが新しい日本の姿なのかってね。

『生老病死』という人の一生の大切な部分が、保育園・病院・介護施設で生活する。本当にこれでいいのかってね。
生まれる喜び、老いるということ、病のつらさ、死の悲しみを知らない故の隔離社会が人の命を奪う犯罪に手を染めることになっている。

生まれてすぐに保育園に預けられ、命を終わろうとする時には病院か介護施設に追いやられて孫とも会うことが出来ない。
どこが“安心”の社会保障と言うのだ!

明治維新は 長州藩がでっち上げの“錦の御旗”により、日本の文化や日本独自の伝統を破滅においやった。
そして平成の今またしても長州(山口県)出身の独裁者安倍晋三による“経済維新”が行われ、日本人を経済の奴隷として働かせ心も肉体もボロボロにさせて少子化に拍車をかける。


  天の邪鬼 鉄槌

「後方支援」を子供にどう教えたらいいの

独裁者阿部により数の力で強行採決された安保法案「後方支援」により、弾薬の提供や戦闘機への給油が可能となる。
これは、世界中の誰がみても日本軍が一緒に戦争をしていると思うのは当然だ。憲法に反する武力行使である。

さてさて、この「後方支援」を子供にどう説明しようか困った。

例えば
独裁者安倍晋三氏を殺したいと言うAが居た。ピストルは持っているが弾薬が無い。
私はAに頼まれて弾薬を運んだ。
その弾薬によりAは安倍晋三を殺すことに成功した。
私は弾薬を届けただけで殺人には加わっていない。
殺された安倍には気の毒だけど、お父さんは“後方支援”を行っただけだから無罪なんだよ。

でもね、今回は安倍晋三が法律家の意見をも無視して強引に決めた法律の拡大解釈により無罪になったけど、こんな事は許される事ではない。
安倍さんは、自分が強引に造った法律の唯一の犠牲者なんです。
安倍晋三がいなくなった今後は良識人によって法律の正しい解釈が行われるはずだから、今後は弾薬をAに渡したお父さんも有罪になります。

子供に対してこんな説明でよろしいのかな?
自民党議員のどなたでもいいですから“後方支援”について、無知蒙昧で愚かな私に説明願いたい。


   天の邪鬼 鉄槌

“浮気発覚” 乙武ちゃんには困ったちゃん

選挙を前にして与党も野党も人気取りに走っている。政治を行うことなど眼中
に無い。選挙に勝つことだけが目標の困ったちゃんだ。自民党乙武氏擁立が良
い例だ。

「浮気?」それは良く無い。でも、乙武の母親なら
「やったわね、男の甲斐性よ! 平安・戦国の世ならばそのぐらいの器量がなく
っちゃ男として評価されなかったわよ」と言ったかも…
おっと、間違ってもらっては困る。この時代は「女性上位」であり、男性は女性
に認めてもらわなければ結婚が出来なかった時代だ。女性はどんと構えて働きの
良い男性を待つ。前に述べた“陰主陽従・女主男従”の原則だ。

“アホノミクス”に踊らされ、いやいや、それが聖戦と信じて、経済の歯車の奴
隷となっている女性よりも、浮気相手となった“おんな”が地域社会で活躍し足
下を固めれば、心豊かな日本を造って行く事が出来るはずだ。

私は彼の「五体不満足」を読んで感動の涙を流した。
誤解してもらっては困る。乙武氏にでは無い。両親の彼に対する接し方と小学校
教師の高木先生と岡先生、それと乙武氏を囲む仲間に感動したのだ。
 勿論彼の前向きな姿勢と天性の明るさとキップの良さに仲間が集まったのだろ
う。

母親は脳天気なのかそれとも障害を持つ子供が独立して生きる為に厳しく育て
たのかは知らない。後者ならば実に立派であるが、それについても乙武家が経済
的に恵まれていたからであろう。

五体不満足」などと自らの障害を逆手にとって己を売り込むあたり実に乙武
らしい。
前向きでも積極的でも無い。ただ傲慢でふてぶてしいだけだとも捉える事が出
来る。
世の障がい者のほとんどが人を顎で使うようなあんな図々しい生き方は出来ない
でいる。
彼の辞書には“遠慮”の二文字がない。多くの障がい者は常に世間に遠慮しなが
らもっともっと謙虚に生活していることを知っていただきたい。

今回の「浮気事件」実に乙武氏らしいなと思った。
さすが、高慢で人を見る眼が無い自民党が選んだ人だ。
最も「元気党や民主党」も乙武氏にラブコールをおこなったらしいが、乙武氏は
「己の得にならない」と感じ取ったのであろう。
「反吐が出る」はずの自民党に甘い蜜の味を嗅ぎ取った様だ。

著書の行間に隠れている「人は俺の為にある」と人を顎で使う乙武の面目躍如だ。

障がい者は手数をかける、申し訳ない」こんな気持ちが先にたち、健常者に
助けを求める事を躊躇している事を知っていただきたい。

 真のバリアフリーとは“形・箱”を調える事では無く“教育・心”を育てる事
ではないか。
乙武氏がその一躍を担うことが出来ればエールを送りたいが、ちやほやされて育
った彼に其れが可能かな。


   天の邪鬼 鉄槌

最新の情報に更新 最新の情報に更新   作成 作成  

鳥取県の出会いサポートは弱腰だ!

鳥取県の出会いサポート施設 パンフレットに不適切記述』をテレビのニュー
スで知った。

どこが不適切なの? 実に男女の本質をついていると思うのは私だけだろうか。
社会経験を積んだ結婚相談所のおじちゃん・おばちゃんならば若い男女にこの様
なアドバイスをおこなうであろう。

県の担当者は「意見はもっともで指摘は真摯に受け止めたい」と話しているよう
だが、本当にそう思ってるの? 己の発言(記述)にはもっと責任を持ったらど
うかな。

間違った男女同権主義やイクメンなどと言う愚かな社会風潮に流されていません
か。本心はそうじゃないだろう。それでこそ酸いも甘いも心得た真の人間だ。

「一億総活躍社会」などと称し、最も魅力的で若さ溢れる女性を経済回転の歯車
の一員として奴隷化し、気付いた時には婚期を逃す。
結婚しても奴隷時代のストレスと高齢化で子供が出来ない。
もういいかげんに気付いたらどうだろう。“アホノミクス”いや失礼アベノウイ
ルスが日本破滅の一途を辿っていることを…

県のパンフレットでは男性が結婚相手に求める条件として、「癒やしや安らぎと
共に男性をたててくれる方、料理が上手な方」だと述べている。

うーん、男の本質を突いてるね。ここのどこが偏っているの?
夫婦円満の秘訣について“男は胃袋を捕まれたらこんな弱いものはない“といっ
た言葉を聞いたこともあるだろう。 
“おふくろの味”は一生忘れないと言うではないか。

一方、「女性は元々受け身の性で男性側から積極的に愛情表現やアプローチをさ
れると次第に相手の事を好きになる傾向が男性よりも強いようだ」とのこと。

こうした内容につき、県民から「表現が偏っており不適切だ」という指摘があり、
県が先月、パンフレットを改訂した際にその記述を取りやめたとある。

パンフレットそのものを破棄したのか、内容を書き換えたのかは知らないが、内
容を変えたとしたならばどんな表現に変えたのか興味深いところだ。

すべてでは無いにしても概ね男女の本質を突いていないか。「どこが間違ってる
の?」「どこが偏ってるの?」「俺の頭がおかしいの?」 誰か教えて!

“同権主義”に踊らされた一握りの愚かな市民の声を聞いてあっさりとパンフレ
ットを回収した鳥取県にも節操が無い。

今や政治家は選挙屋と成り下がり、女性の“票”稼ぎに走る。メディアも同じ目
線で神輿を担ぎ国民は置き去りになっている。

子供を保育園に預け、経済の歯車の一員として活躍する女性の声がメディアで報
道され、腹を痛めた我が子を自分の手で育てながら地域社会で慎ましく活動する
母親の声はメディアには載らない。
そんな母親の声なき声が今後の日本を救うのだ。

“日本死ね”に慌てた政治屋達(与党も野党も)は保育園の増設と保育士の給料
値上げを叫ぶが、そんな代償療法では問題は解決しない。(もちろん給料値上げ
について反対ではない)

男女の本質をわきまえた心ある政治家やメディア、ならびに学識経験者達が先頭
に立ち意識改革をおこなわなければ少子化の抜本的改革は望めない。

それぞれに与えられた役割がある。天と地が、東と西が、南と北が同じ働きを行
いますか? 動物の雄と雌の役割分担も決まっています。人類はもっともっと
“自然の法則”に学ぶべきだ。

“万物の霊長”と驕れる人類に鉄槌を下す。


  動物代表 天の邪鬼 鉄槌

最新の情報に更新 最新の情報に更新   作成 作成      

 

引っ込んでろ! おまえは所詮女なんだから!

4月12日の朝ドラ、火事現場における「ととねえちゃん」の一シーンだ。
女性蔑視と受け止めるのが昨今の社会風潮であろう。
私はそうは思わない。
迅速性が要求される力仕事はやはり男の仕事だ。
男と女は生態学的にも解剖学・生理学的にも本質的に違うというのは既に述べた。
これがバケツリレーともなれば女性の力も大いに借りたい。

「女は引っ込んでいろ!」。同じ意味を言葉を換えて言いましょう。
「危険な仕事だから男に任せておきなさい。貴女は水を汲んで男に渡していただけませんか」。「引っ込んでろ」の言葉の裏にある“男”の優しさを感じませんか。

男には男の「分」、女には女の「分」があるのだ。
これを無視した男女同権という考え方は真の同権とは言えない。

日本人が古来より培ってきた「男らしさ」「女らしさ」、「大和魂大和撫子」。これらを根こそぎにして“一億総活躍社会”などとうそぶく。
アベノミクスは、“女性活躍社会”などと女性を担ぎ出し大企業の歯車として働かせる。そして日本国民総て経済の“奴隷社会”を築こうとしているのだ。経済呆けし、税金でのうのうと暮らしている安倍をはじめとする国会議員も官僚も、更に多くのメディアもそれに気付いていない!
気付いたときには島国であるが故に守ってきた生命の根源である水と緑の美しい国。日本独自の文化は無くなり「生きる」為の戦いが始まるであろう。
資源を求めて始まったあの第二次世界大戦を繰り返してはならない。
緑豊かな美しい日本を子々孫々まで伝えるためにアベノミクスに鉄槌を下す。


  天の邪鬼 鉄槌

「民進党を邪魔した困ったちゃん」とはこまったちゃん

 

 野田前首相のことだ。
私は野田前首相のことを深くは知らない。
でも、政権を奪取して台所を見たら財政は火の車であった。
「やるべき事はやる!」。マニフェストを破ってまでも消費税値上げに踏み切った野田前首相は実に立派だ。

 消費増税を反対に民主党を離党した小沢氏を新党に参加させないのは当然だ。

 団結しなければ成らないときに離党して足を引っ張った小沢一郎氏は真に政治の事を考えない選挙屋ではないか。国民を口先だけでごまかす大悪党だ。

脚光を浴びている時は表にやたらと出てくるが都合が悪くなると雲隠れする。当に“政治屋の鏡とも言うべき悪党”ではないか。

 「新党が政権奪取するには小沢さんの知恵を借りなければならない」と言う民進党議員。なんとも情けない。
こんな悪党の力を借りなければ選挙に勝てないと宣う民進党の政治家ならぬ選挙屋にはなんらの期待も持てない!

 民主党が政権を奪取した数年前、国民は消費税値上げ云々よりも、「官僚体制の打破とコンクリートから人へ」に期待して民主党に投票したはずだ。

その後、選挙に負けた途端に公約は陰を潜めた。あの公約は民主党が掲げる政治理念では無かったのか。全く節操がない。
こんな民主党民進党に名前を変えても期待は持てない。

 自民党は実にずる賢い。民主党政権時代に消費税値上げに賛成して、政権を取った暁には、「消費税値上げを行ったのは民主党だ」と決め込み責任逃れを行い国民の目をごまかす。ごまかされる国民も困ったちゃんだ。

昨年の暮れに誕生した大阪維新はもっと調子がいい。
「与党でも無く野党でも無い」などと一線を画し、何でも反対を唱える野党では無いと良い子ぶっている困ったちゃんだ。
まあ、維新の党には期待したときもあったけどね。騙されたよ。

 「政権担当能力を磨く為に必要なものとは何か?」 「それは、大局を見ない「困ったちゃん議員」の軽口癖をやめさせる事だろう」(週刊朝日2016年4月1日号)とある

 アベノウイルスに汚染されて大局を見ていないのは国民の“心”から離れて小沢氏にラブコールを送る民進党議員や選挙に勝つことだけに命をかける政治屋と其れを仰ぎ立てるマスコミや政治記者ではないか。

 確かに選挙に勝てば“数の力”により憲法学者の「違憲」との忠告をも無視して憲法をもねじ曲げる事が出来ることを今回の「安保法案」の強行採決で思い知らされたのではあるが…


   天の邪鬼 鉄槌