読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と川と海と人の和

初めて日本を訪れたイギリスのC.W・ニコル氏は日本の山(自然)の美しさに魅了された。数年後再び日本を訪れたニコル氏は自分の目を疑った。あの美しかった山々が荒土と化していたのだ。ニコル氏は決意した。それが長野県黒姫山の『アファンの森』だ。森に…

あっち向いて ほいの三本の矢

「希望と夢と安心」を旗印にした、3本の矢は「希望も夢も安心も奪う三本の矢」と解釈すべきであろう。 希望を生み出す強い経済なんて調子いいこと言っちゃって、「破滅を生み出す消費経済」の間違いじゃないの?経済成長を推進する為に自然を破壊し、末代ま…

「後方支援」を子供にどう教えたらいいの

独裁者阿部により数の力で強行採決された安保法案「後方支援」により、弾薬の提供や戦闘機への給油が可能となる。これは、世界中の誰がみても日本軍が一緒に戦争をしていると思うのは当然だ。憲法に反する武力行使である。 さてさて、この「後方支援」を子供…

“浮気発覚” 乙武ちゃんには困ったちゃん

選挙を前にして与党も野党も人気取りに走っている。政治を行うことなど眼中に無い。選挙に勝つことだけが目標の困ったちゃんだ。自民党の乙武氏擁立が良い例だ。「浮気?」それは良く無い。でも、乙武の母親なら「やったわね、男の甲斐性よ! 平安・戦国の世…

鳥取県の出会いサポートは弱腰だ!

『鳥取県の出会いサポート施設 パンフレットに不適切記述』をテレビのニュースで知った。どこが不適切なの? 実に男女の本質をついていると思うのは私だけだろうか。社会経験を積んだ結婚相談所のおじちゃん・おばちゃんならば若い男女にこの様なアドバイス…

引っ込んでろ! おまえは所詮女なんだから!

4月12日の朝ドラ、火事現場における「ととねえちゃん」の一シーンだ。女性蔑視と受け止めるのが昨今の社会風潮であろう。私はそうは思わない。迅速性が要求される力仕事はやはり男の仕事だ。男と女は生態学的にも解剖学・生理学的にも本質的に違うというの…

「民進党を邪魔した困ったちゃん」とはこまったちゃん

野田前首相のことだ。私は野田前首相のことを深くは知らない。でも、政権を奪取して台所を見たら財政は火の車であった。「やるべき事はやる!」。マニフェストを破ってまでも消費税値上げに踏み切った野田前首相は実に立派だ。 消費増税を反対に民主党を離党…

「保育園落ちた、日本死ね」パートⅡ

新学期が始まった。保育園落ちた、日本死ね!の貴方のお子さんひょっとしてちゃっかり保育園に通っていませんか。それは残念ですね。「女性活躍社会」などと言って、子供にとって最も大切な母親を経済の歯車の一部として子供から奪い去る。生まれたばかりの…

イクメン鬱

最近「イクメン鬱病」で悩む男性が増加しているとの記事を読んだ。「さもありなん」と思った次第である。 そこで、以前私の住む治法自治体に「イクメン」について送った手紙のほぼ全文を以下に記した。賢い政治家や役人ならびに学識経験者の皆様に「イクメン…

保育園落ちた、日本死ね!に鉄槌を下す

いやいや、一石を投じた貴方を責めているのではない。貴方も人間の本質を失った政治家による間違った社会風潮の犠牲者なのだ。女性をおだてて票を稼ごうとする政治家野郎(女を失った女性議員も含む)に騙されるな!保育園落ちて良かったね。貴方が生んだ尊…